2018/10/20

IWF公式ユニフォーム

“気になるシリーズ” ダーク or ネイビー

管理人がウエイト観戦を始めた頃、競技役員のユニフォームは、白×ブルーのストライプのYシャツにベージュのボトムスだった。
それがとても素敵に見えたのである。

ところが数年前、IWFの規則変更に伴い、白のYシャツにネイビーのボトムスになった。
その時は非常に残念だったが、このスタイルになって長いので、もう見慣れてはいる。

変わったのはシャツとボトムスだけ(女性はスカーフも)だと思っていたが、先日、ふと規定を見ていて、ジャケットのカラーも同時に変更されていたことに今頃気が付いた。

旧ユニフォームは「ダークブルー」、そして新ユニフォームは「ネイビーブルー」となっている。
日本では、「紺色」という括りになるかと思うけれど、カラーセラピストでもある管理人は、このビミョーな変更が気になった。

白×ブルーのストライプシャツとベージュのボトムスには、ダークブルーが合う?
白シャツで上下同色にするなら、落ち着いたネイビーの方が良い?
IWFは、どういう理由で変更したのだろうか。

いずれにしても、やはり管理人は旧ユニフォームが好きである。
また変更にならないかな~と思い巡らす今日この頃(^^♪
審判 | Comments(0) | Trackback(0)
2018/08/15

リフター魂98 ベスト審判

今回の記事は、管理人の独断と偏見に基づくものであることを、最初に断っておきたい。
(わざわざ断らなくても、全ての記事がそうなのだが…)

管理人の中には、大切に温めている「ベスト審判」がある。


まず「ジュリー」。
何と言っても、故岡本実氏である。

リフター魂94 逝く人を偲び、往く年を思う


次に「公式記録員」。

公式記録員は審判に含まれないかと思うが、あえて選んだ。
“ベスト”ということなので一人に絞るべきところだが、甲乙付け難く、そこはゆる~く、園家恭一先生と上田貢氏をペアで挙げたい。

両氏は、とても楽しそうに仕事をされている。
また、管理人の好きな下記のアナウンスも、ほぼ入れてくださる(^_^.)

リフター魂50 生頼永人選手
(この記事の後半部分を参照)

以前、上田氏に「今度、上田さんのこと、ブログに書いてみたいです。公式記録員のことを…」と言うと、「いえいえいえいえ…」と後ずさりされた。
そして、園家先生を前面に出して「園家先生… 計算委員長ですから…」と。

いずれにしても、このお二人… 魅力的である。


そして魅力的と言えば、「テクニカルコントローラー」。
ウエイトの試合で、こういう仕事があることを知ったのは、この人の存在があったからである。

末廣誠氏。

ウエイト観戦を始めた頃、関西に住む管理人は末廣氏のお仕事ぶりを見る機会が多かった。
テクニカルコントローラーは、他の審判に比べて動きがあるのでキャラが立ちやすい。
全国の大会などでも気になるテクニカルコントローラーがいるけれど、それでもやはり末廣氏が群を抜いている。

とにかく豪快でアツい。
はっきりしていて、わかりやすい。

エントリー数の多い試合では、1キロ刻みで頻繁に重量変更が行われる。
迅速、且つ的確に対処し、放送席と連携を取って競技の流れを止めないように尽力する役どころ。
それに加え、適宜シャフト整備の指示なども…。
その名の通り、コントローラー。
サッカーで言えば、“司令塔”である。

リフター魂60 テクニカルコントローラー

この記事も、末廣氏をイメージして書いたものである。
最近は、関西の試合でジュリーをされていることも多いが、管理人の中では最強のテクニカルコントローラー。
末廣氏と言えばテクニカルコントローラー、テクニカルコントローラーと言えば末廣氏である。


先日、5年ぶりにインターハイを観戦した。

わずか1時間の観戦だったが、その試合の布陣が上記の「ベスト審判」だった。
岡本氏の姿がないのは残念だったが、公式記録員席には園家先生と上田氏。
試技板の裏には末廣氏。
それだけでも、観戦を楽しめる条件が整っていた。


あとは、レフリーとタイムキーパーの“イチオシ”が見つかれば、管理人の「ベスト審判」が完成するのだが…
動きの少ない仕事ゆえ、よほど個性が光らなければ厳しいかな~


以上、非常に中途半端な状態ではあるが、管理人が選ぶ「ベスト審判」でした(^_-)-☆
仕事のできる男は、問答無用でクールなり♪

この記事は、管理人の私見バリバリの記事であるということを、念押ししておきたい^^;


‥∵‥☆‥∵‥∵‥☆‥∵‥∵‥☆‥∵‥


インターハイで観戦したのは、62キロ級Aのジャークである。
上記3氏が脇を固めたこの試合。
もちろん主役は選手である。
本当は、こちらをメインに書かなければいけないところだが^^;

この試合で完全優勝を果たしたのは、飯田高校の1年生だった。
SDCのメンバー、山下立真選手。
浅田浩伸・久美夫妻の愛弟子、山下ウエイト4兄弟妹の次男である。

試合後、「心臓が止まりそうでした」とおっしゃる浩伸氏の目には、うっすら光るものが…
浅田夫妻を見ていて思う。

人は、他人の子供をこんなにも愛せるものなのだろうか…と。

リフター魂88 浅田久美先生とSDC


(次回は、全国中学生選手権の記事を書く予定)
審判 | Comments(0) | Trackback(0)
2018/08/01

リフター魂97 ○○判定?

昨日あたりから、テレビなどでしばしば耳にする「奈良判定」。
奈良県在住の管理人は、この言葉に過敏に反応してしまう。
ボクシングのこの問題について、ここで書くつもりはない。

ウエイトリフティングもまた、判定競技である。

リフター魂72 判定競技

上記の他にも、度々判定については記事の中で触れてきた。
管理人はレフリーをやったことがないので、正直、レフリーの気持ちはわからない。

「今の、OKなの?」とか、逆に「ちょっと厳しくない?」などと、同伴者と無責任なジャッジをしながら試合の行方を見守っている。
時には、“赤率”の高いレフリーを探すことに焦点を当ててみたり…
その時々に、模索しながら観戦を楽しんでいるウエイトファンの一人である。

過去の判定についても、いろいろと心に温めていることがあるが、今日は時間がないので具体的には触れない。
またの機会にゆっくりと…

「奈良判定」に心乱される管理人である。
審判 | Comments(0) | Trackback(0)
2015/05/16

リフター魂72 判定競技

「『ジュリー』って何? 沢田研二?」

「ジュリー席」と書かれている貼紙を見て、管理人の口から出た言葉である。
6年前の初観戦の日のことだ。

笑わないでいただきたい。
馬鹿にするのもご容赦を。

沢田研二氏を知っている世代が「ジュリー」と聞いて、真っ先に思い浮かぶのは彼のことである。
と言うより… それ以外、思い浮かばない。

隣にいた(リフターでない、もう一人の)姪がおぼつかないながらも、ジュリーについて一生懸命説明してくれた。
彼女も管理人と同じくその日が初観戦だったが、その時点では、少なくとも管理人よりウエイトに関する知識があった。

けれども彼女の説明があまりにもたどたどしく、もどかしい思いをされたのだろう。
すぐ前に座っておられた役員さん(京都WL協会のT氏だと、後に知った)が管理人たちの方を振り返っておっしゃった。
「『ジュリー』とは、審判の審判です」。
なんとも明解で威厳のある一言…。

「あっ、ありがとうございます」
慌ててその場を立ち去った(-_-;)

そして、例のごとくすぐに調べる管理人。
いろいろな判定競技に存在するジュリー。
れっきとしたした英語で、“jury”と表記する。

ちなみに沢田氏は、イギリスの女優、ジュリー・アンドリュースのファンだったことから「ジュリー」と呼ばれるようになったとか。(ウキペディアより)
と言うことは彼の場合、英語表記は“Julie”となる。
‘r’と‘l’。
カタカナで表記すると同じだが、ネイティブが発音すると違ったものである。

まあ、今は沢田研二氏のことは忘れよう。
(管理人が持ち出したのだが…)

ところで、この「審判の審判」というジュリー。
管理人が初めてその仕事を見たのは、初観戦から1年近く経過してからだった。

「成功です」というアナウンスの後、競技が中断した。
しばしの静寂の後、再びアナウンスが…
「ただ今の○○選手の……プレスアウトによる反則……ジュリー団総意により……」
それらの言葉が断片的に管理人の耳に入ってきた。

審判の審判… なるほど… そういうこと…

赤 or 白。成功、それとも失敗。二つに一つ。
(このフレーズ、以前の記事にも書いた)

かつて高校野球の球審を務めていた人が、こんなことをおっしゃっていた。
同点で迎えた9回裏。2死満塁でフルカウント。
「とにかくバットを振ってくれと祈った」と。

精密な機械ではなく、完璧な神でもなく、不確かな人間が判定する。
一本の試技が試合の流れを変えることもあれば、選手の進路に影響を及ぼすこともある。
すっきり挙げるか、それとも落とすか、どちらかにしてほしい。
優勝や新記録がかかった場面で、レフリーがそう考えるかどうかはわからないが。

ハートを持つ人間(レフリー)が判定し、その判定を、同じハートを持つ人間(ジュリー)がさらに判定する。
そしてその判定を、やはりハートを持つ人間(観客)が、後ろから見守る。

いくつもの想いが交錯する試合会場。
喜びも悲しみも、バーベルの重量と共にプラットホームが受け止める。

初観戦からまもなく6年。
ビミョーな判定に、時折、首をかしげながらも、それでもやはり管理人は、それも含めてこの競技が好きである。


140605_1923+01_convert_20140605192543.jpg
判定スイッチ

130325_1900+01_convert_20140604200924.jpg
ホットライン(自動接続電話)

参照:リフター魂61 全日本選手権2014①


‥☆‥∵‥∴‥∵‥☆‥∵‥∴‥∵‥☆‥

久しぶりの記事の更新である。
最近、試合を観戦する機会がない(+_+)

金属と金属の“逢瀬”の瞬間に発する音。
重力との闘いを終えて、バーベルが床へと帰る音。
それらが聞こえてこないと、なかなか記事を書く気が起こらない(-_-;)

更新が滞っている間も訪ねてきてくださった皆様、ありがとうございますm(__)m
審判 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/05/10

リフター魂60 テクニカルコントローラー

正義の味方!?

なんだかとてもカッコいい。
テクニカルコントローラー。
審判団の中で唯一の立ち仕事。
しかも彼らの持ち場は、選手のすぐ近くである。

ところで、テクニカルコントローラーって何をする人?
いろんな人に尋ねるも、なかなか明快な答えが得られない。
そうなると、自分で調べずにはいられない管理人。
競技会規則を開いてみた。

 …なるほど。。。

それはそうと、彼らは選手の味方? それとも…
審判団の一員なのだから、敵でもなければ味方でもないだろう。
強いて言うなら… 正義の味方!?

競技会の円滑な進行という使命のために、力と心を注ぐ。
まさしく彼らは正義の味方!!
管理人の中でヒーローである。


3fae5e5ab8ef81511240566e09594bac_convert_20140510165733.jpg
ヒーローの姿は、選手の斜め後方辺りに見え隠れしている。

試合中、テクニカルコントローラーの指示をを受けて、補助員君がプラットホームの清掃を行う。
昨年のインターハイで、舟喜信生先生が補助員君と一緒にモップを持って掃除しておられた。
舟喜先生って、綺麗好き!?
お家でお掃除しておられる姿を想像したのは、管理人だけだろうか…
審判 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |