2010/06/15

リフター魂4 三宅宏実

日本の現役リフターの中で真っ先に名前が浮かぶのは、やはりこの人かもしれない。
三宅宏実。
メキシコ五輪銅メダリスト三宅義行氏のDNAを受け継ぐ。
北京五輪では、メダルには届かなかったものの6位入賞。

身長147cm。人形のように愛くるしい。
こんな小柄で可憐な女性が、どうしてあんなに重いものを持ち上げることができるのだろう。

先月、大阪で開催された全日本選手権では、6回の試技のうち5回を成功させて自らの日本記録を全て塗り変えた。
歓喜の輪に包まれてインタビューコーナーへ向かう彼女に、一人叱責の言葉を浴びせる男がいた。
父であり、師でもある義行氏その人だった。
記録更新にもかかわらず、試技を1回失敗したことに対する叱責であった。
「あんなところで絶対に失敗したらダメだ!これが世界だったら、どうなるかわからない!」

父娘の目は、常に世界に向かって開かれている。

p1070566_1.jpg
全日本選手権女子53キロ級表彰式(2010.5.28)
人物 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/06/07

リフター魂3 南部工業高校(沖縄県)WL部

8月に沖縄でインターハイが開催される。
ウエイトリフティングで団体優勝を目指す地元沖縄の南部工業高校。
部員数は少ないが、そのほとんどが全国ランキングで上位を占める。
まさに少数精鋭である。

KC380086.jpg
南部工業高校ウエイトリフティング場にて(撮影:管理人)
軽量級の選手が多く、みんなカワイイ♪
クリックして大きな画像で見てね(^_-)-☆


祝!美ら島総体団体V!特集記事
高校ウエイト | Comments(0) | Trackback(0)
2010/06/05

リフター魂2 糸数陽一

気は優しくて力持ち。
多くのリフターたちがそうであるが、この言葉が非常によく似合う男がいる。
糸数陽一。日本大学の1年生である。
ウエイトリフティング56キロ級と63キロ級で日本高校生記録を持つ。

周囲から「強い、強い」と言われ続けた高校生が自惚れることはある。
だが彼は違った。
突出した記録にも、彼はどこまでも謙虚で、腰は低く礼儀を欠かさない。
元全日本のコーチは言う。
「糸数は強い選手であり、人格者でもある」と。

ガッツポーズが似合う男でもある。
小さな彼が大きく見える。
高校3年生で臨んだ昨年のインターハイでは、肩を痛めながらも意地で死守した王者の金。
横断幕を持って、地元から駆けつけた応援団に応えた。

今春からは故郷沖縄を離れ、東京でバーベルに夢を賭ける日々。
華やかに着飾った都会の景色も、彼の瞳を潤さない。
その瞳が見つめているものは、2012年のロンドン五輪である。

img4a7f6e2bca9b5.jpg
昨年のまほろば総体 62キロ級で優勝を決めた糸数陽一選手

<参照> リフター魂43 バーベルを挙げる神の子
人物 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/06/02

リフター魂1 玉寄公博

沖縄県南部に玉寄公博という男がいる。
男と言っても、まだ高校3年生である。
ウエイトリフティング男子53キロ級で目下、日本ジュニア(20歳以下)記録と日本高校生記録を共に更新中である。
試合の度に新記録を上書きするも、彼の顔に笑みは乏しい。
その視線の先にあるものは、日本新記録に他ならないからである。

「玉寄は、人に優しく自分に厳しい」
これは、彼を指導する監督の言葉である。
バーベルに触れていないときの彼は、甘いマスクに笑顔があどけない普通の高校生である。
そんな彼がプラットホーム(試技台)に立つと、競技会場は静まり返る。
まるで何か神聖な儀式が始まるかのごとく。

沖縄生まれ。沖縄育ち。
けれども彼には、陽気で楽天的な南国の太陽より、寡黙でたくましい北の大地が似合いそうだ。
線は細いが骨太で、根雪の下でじっと黙って春を待つ。
そんな芯の強さが夢を持ち上げる。

2010_senbatsu_m53.jpg
男子53キロ級 沖縄県立南部工業高校3年 玉寄公博選手


<2010年6月20日追記>

「夏までには日本新を出します。」と、かつて語った彼。
有言実行の男である。
その言葉通り、19日の九州大会でスナッチ106キロを成功させ日本新記録を樹立した。
高校生としては初めての快挙だ。

それでもやはり…と言うべきだろうか。
彼のガッツポーズは今回も見られなかった。
ジャークでの日本新記録樹立までお預けということだろうか。

そうであるなら…
まもなく地元で開催される美ら島総体でこそ…
君のそれを見せてほしい。

たくさんの想い出をくれた沖縄で…。
君を愛してくれる人たちに感謝を込めて…。


‥∵‥☆‥∵‥∴‥∵‥☆‥∵‥∴‥∵‥☆‥∵‥∴‥☆‥∵‥∴‥☆‥∵‥

<2010年8月8日> 美ら島総体ウエイトリフティング第1日目

100808_1159~04
ジュニア新記録で地元開催に花を添えた玉寄選手
取材陣のリクエストに応え、控えめながら永く封印されていたガッツポーズを披露

祝!美ら島総体団体V!特集記事へ


‥∵‥☆‥∵‥∴‥∵‥☆‥∵‥∴‥∵‥☆‥∵‥∴‥☆‥∵‥∴‥☆‥∵‥

<2010年10月2日> ゆめ半島国体第1日目

PcF00x020184-1_l.jpg
世界に目を向け、56キロ級に階級を上げて臨んだ千葉国体で日本高校新記録を樹立
(前記録保持者はリフター魂2で紹介した糸数陽一選手)
人物 | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME |