2010/09/01

リフター魂8 日韓中ジュニア交流会

お帰りなさい(^^♪

1993年より日本・韓国・中国による持ち回りで開催されている
日韓中ジュニア交流会は今年で18回目になる。
参加競技は、陸上、サッカー、テニス、バレーボール、バスケットボール、
ウエイトリフティング、ハンドボール、ソフトテニス、卓球、バドミントン、
ラグビーフットボールの11種目。
ちなみにウエイトリフティングは第10回大会より参加している。
帰りのチャーター便が2時間遅れで出発するというトラブルに見舞われながらも
244名の日本選手団は中国から元気に帰国した。

ウエイトリフティングは役員・選手合わせて20人が派遣された。
一週間を共に過ごした選手たちは、解散場所の関西空港で別れを惜しみ、
解団式の後もなかなかその輪が解けなかった。
バーベルを通して出会った彼ら。
やがて近い日、バーベルを通して再会することであろう。
彼らのバーベルに賭ける青春はまだまだ続く。


100829_1803~01
解団式の様子

100829_1802~02
左 総監督の舟喜信夫先生(群馬県立藤岡工業高校)
右 男子チーム監督の屋良博之先生(沖縄県立南部工業高校)

100829_1812~01
左から玉寄公博選手、久米大輝選手、平良勇祐選手、屋良博之監督(南部工業高校)
高校ウエイト | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |