2011/05/20

リフター魂19 全日本学生選手権大会

☆女子53キロ級☆

3位以下を大きく引き離し、金沢学院大学同士の一騎打ちとなった。
4年生の具志堅美沙希選手と1年生の八木かなえ選手の対決である。
最後に制したのは後輩の八木選手だった。

大会記録を更新し、自己ベストで優勝した八木選手は、今大会の最優秀選手に選ばれた。
全国ネットで人気急上昇中の八木選手。
ウエイトリフティングのイメージ向上のため、更なる活躍に期待する。

今回、管理人は、2位になった具志堅選手に触れてみたいと思う。

沖縄の南部工業高校出身。
ということは・・・ そう、屋良先生の教え子である。
と言っても、管理人は高校時代の彼女を知らない。

南部工業に入学して、バドミントン部へ入部しようとした彼女。
体育館へ向かう途中、みなぎる活気に誘われてウエイトリフティング場を覗いてみた。
それが、彼女のバーベルとの出合いである。
その後、全国高校選抜選手権で最優秀選手に選ばれ、
金沢学院へ進学後も、スナッチでジュニア記録を樹立している。

今大会で、管理人は初めて彼女の試技を見た。
プラットホーム上の彼女はもちろん素敵だが、
それ以上に管理人の心を奪ったのは、仲間を応援する彼女の姿である。
自らの試技同様、応援も妥協しない。
小さな体とは不釣合いな、低くてドスの利いた声も魅力的だ。

万全ではない状態で今大会に臨んだ彼女。
すでに気持ちを切り替え、来月開催される全日本選手権に照準を合わせて練習に励んでいる。
彼女らしく元気でさわやかな、最高のパフォーマンスを見せてほしい。

110514_1131+01_convert_20110520154339[1]
表彰式終了直後の具志堅選手
悔しいはずなのに、管理人が近寄ると笑顔でVサイン!!
試合結果と共に屋良先生の携帯にも送信済み(^^♪
大学ウエイト | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |