2011/06/19

リフター魂20 近畿大会2連覇 明石南高校

滋賀県立安曇川高校体育館で近畿高校選手権大会が行われた。
昨年に続き、兵庫県立明石南高校が2位以下を大きく引き離して優勝した。

昨年のインターハイで準優勝した同校。
ほとんどが2年生だった当時のメンバーが3年生となり、ますますパワーアップした同校の勢いは止まらない。
インターハイ2連覇を目指す南部工業高校(沖縄県)の前に立ちはだかるのは、やはりこのチームだろう。

だが・・・

インターハイは、高校生アスリートにとって夢の舞台であることに違いはないが、時にそれは、彼らの肩に重くのしかかる。
昨夏、団体優勝が確実視されていた南部工業だったが、決してそれは容易ではなかった。
はらはらドキドキの4日間。苦しみながら手にした全国制覇だ。

今夏、南部工業にとっての真のライバルになるのは明石南ではない。
明石南にとっても、それは同様のことが言える。

真のライバル・・・ それは、自分自身。
重圧をはねのけ、平常心で本来の力を発揮する。
インターハイという大舞台で、自らに打ち勝つことのできる選手が多くいるチーム。
そのチームが、この夏を制することになる。

<大会の写真データをうっかり消去してしまったため掲載不能(T_T)>

‥∵‥☆‥∵‥∴‥∵‥☆‥∵‥∴‥∵‥☆‥∵‥∴‥☆‥∵‥∴‥☆‥∵‥

1月の近畿選抜に続き、滋賀県安曇川町を訪れた。
選抜は大雪。今回は両日雨模様と、安曇川は晴れの日がないのかと思っていたが・・・
そうだ!! 2日目の雪の印象が強烈過ぎてすっかり忘れていたが、選抜初日は穏やかな気候だった。

管理人の自宅から車で片道3時間。距離にして100キロ弱。
それを4日間(大雪の日は電車だったが)通ったわけだ。
記念に何か安曇川らしいものをお土産にと、帰りに道の駅に立ち寄った。
購入したのはパジャマのズボン。
一見、どこにでもあるようなものだが、タグに「手工芸・シルバー人材センター」と書かれていた。
管理人も手芸大好きだが、安曇川町に住むその道の先輩が、一枚一枚手作りされたのだろう。
お土産はこれに決定!!

もう二度と訪れることはないだろうと安曇川町を後にしたが、どうやら2年後の全国女子選手権大会の会場となるらしい。
と言うことは・・・ また来るのかな(^_^;)

st001189-4da67a108d21a_convert_20110622140420[1] 
道の駅「藤樹の里あどがわ」
安曇川町は、非常に平和で穏やか、且つ、風光明媚な町だった。

SANY0005_convert_20110622143748[1]
お土産に購入したパジャマ(このポケットがカワイイ♪)
高校ウエイト | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |