2016/08/17

リフター魂84 バーベルに恋して

リオ五輪重量挙げ全日程終了

三宅選手、銅メダルおめでとう♪


傷ついた心と体でメダルを死守した三宅宏実選手。

リオ五輪を間近に控え、「心の痛み止めがほしい」とつぶやいた彼女。
腰だけではなく、心にも痛み止めを打って試合に臨んだのだろうか。
試技の後、愛おしそうにバーベルをハグする彼女の姿が世界に配信された。

管理人は、ロンドン五輪の嶋本麻美選手の姿を思い出していた。
4年前、彼女の6本目の試技は失敗に終わった。

自分が落としてしまったバーベル。
行き場を失い、悲しく転がるバーベル。
悔しさと切なさが入り混じったような目でそれを見つめ、追いかけるようにそのバーベルに手を伸ばしていく彼女。

彼女はバーベルに恋している!?
その時、そう思った。

三宅選手も、バーベルに恋しているのだろうか。

挙がっても… 挙がらなくても…
リフターにとってバーベルは、時に家族よりも長い時間を共に過ごす運命共同体。
誰にも言えない悩みも、人知れず流した涙も知っている。

バーベルにとっても、自分に存在価値を与えてくれるリフターは大切なパートナー。
リフターなくして輝くことはできないから。
「挙がって!」と祈る以上に、バーベル自身が「落ちたくない! 挙げてほしい」と願っている。
その身をリフターたちの手に委ね、“彼ら”はひたむきに軌道を描く。

プラットホームの中央で、パートナーと共に喝采を浴びるため…。

AS20160808000334_comm_convert_20160817230855.jpg


バーベルをハグする三宅選手
6dsnxdgsbi54_convert_20160817233102.jpg


バーベルに接吻する海外の男子選手たち
tqz36aj33fkf_convert_20160817145903.jpg

vtu6pqpahmcb_convert_20160817145737.jpg

2eq3qxiakqc5_convert_20160817145435.jpg

(IWFのPhotogarallyより)
五輪 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示