「星になった君へ」


あれから…
3度目の夏がやって来た。


あまりにも突然の別れだった。
夢なのか…
現実なのか…
心の整理もつかないままに、この記事を書いた。

リフター魂73 星になった君へ


彼と初めて会ったのは、2012年の岐阜国体。
その前から彼の名前は知っていた。
各試合の結果表に、いつもその名は上位に記載されていたから。

第一印象は、少年漫画から抜け出してきたような軽やかさ。
彼を護衛するかのように、大きな選手たちがその周りを取り囲んでいた。

小柄な彼のどこに、あんな重いバーベルを持ち挙げるパワーが潜んでいたのだろう。

時に日の丸を背負い、
時に母校の誉れのために、
また時に郷土愛に燃えて、
彼はバーベルを挙げた。

高校3冠。
大学時代は4年連続でインカレのプラットに立ち、2度チームを優勝へ導いた。
高校時代、大学時代、また社会人としても国体に出場し、故郷・沖縄の総合優勝に貢献してきた彼。

リフター魂41 チーム沖縄

過去に書いたもので、彼の名前が出てくるのはこの記事だけである。
それでも2年前、多くの人が彼の名前を辿ってこのブログを訪ねてきた。
あのとき訪問してくれた人たちは、ここに彼の面影を見出すことができたのだろうか。

その年の秋、チーム沖縄は国体4連覇を遂げた。
プラットホームを見つめ、「ここにいたのにな~」と、呟いた姉。
主語はなかったが、誰のことを言っているのかはすぐにわかった。
管理人も、同じことを考えていたから。

人間の事情などは構わずに、淡々と時は流れ、季節は巡る。

3度目の夏。
記憶の頁を開きながら目線を上げれば、沖縄の空にミルキーウェイ。
無数の星たちが寡黙に舞う。

2年経った今でも…
やはり… 「さよなら」は言わない。

管理人の人生の途上に軽やかに現れ、何も告げずに遥かな空へと駆け上って行った彼。


思いを共有させてくれて、ありがとう。
忘れないよ、君のこと…

―東門勇将くん―



kako-YOvtFkl0V1ednRpf_convert_20170704231046.jpg
もう一度会いたかったな~
この笑顔に
(岐阜国体にて)

リフター魂91 愛媛国体①

リフター魂89 世界ジュニア選手権 銀メダル

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)