2017/12/31

リフター魂94 逝く人を偲び、往く年を思う

岡本実氏へ、感謝を込めて…


無常の風は時を選ばす…
2017年11月19日21時7分、岡本実氏が旅立った。

日本ウエイトリフティング協会第9代専務理事。
1951年9月29日に生を受けられ、御年66歳のご生涯だった。

管理人は、岡本氏の“ジュリー”が非常に好きだった。
フットワークが良いと言うか…
試合中、しばしばジュリー席から立ち上がり、進行席の方へ歩み寄って行かれる。
試合よりも、その行動を目で追う方が楽しかったこともある。

2012年のインターハイ。
大会前半には試合会場にあった岡本氏の姿が、後半になって見受けられなくなった。
どうやら、銀メダルを携えてロンドンから帰国する三宅宏実選手を出迎えに行かれたようである。
残念がる管理人を、高校生リフター君たちが慰めてくれたものである。

その年の岐阜国体。
大会2日目、トレードマークの髭を整え、会場に現れた岡本氏。
試合を観戦される三笠宮瑤子女王の説明役を仰せつかったとのこと。
前年、その大役を果たされた篠宮氏から、瑤子女王の反応が薄いと聞かされていた岡本氏は少し緊張気味。
約20分の任務終了後には、ホッとしたご様子だった。
三宅選手の銀メダルの話題に触れると、瑤子女王が微かに微笑まれたとか。

ジュリーの仕事に対しても、忠実な方だった。

三宅選手と八木選手の初の直接対決となった2014年の全日本選手権。
メディアも注目し、テレビカメラが入る中で、信念を持って三宅選手の判定を覆した岡本氏。

リフター魂61 全日本選手権2014①

タイムキーパーの慈悲心にも目を瞑らない。
タイムオーバーを理由に判定を覆したことも…

是を是とし、非を非とする(荀子)

管理人のウエイト観戦に、ある種の愉しみのエッセンスを加えてくださった方であることは間違いない。

冬枯れの景色の中で届く別れの知らせは切なさを秘めて、しじまの中を時間だけが通り過ぎて行く。

日本ウエイト界の歴史を背負い、未来への展望を胸に、ひたむきに駆け抜けてこられた岡本氏。
季節の風には敏感でも時代の風には流されない、誇り高きその人生に献杯!!


‥*・。*゜‥☆‥*・。*゜‥☆‥*・。*゜‥


全ての憂いも悲しみも、過ぎ行く2017年が持ち去ってくれる。
そして心優しき2018年が、宝石を携え、今、扉の外に立っている。
追悼記事 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
H30.11.23~11.25に茨城県高萩市において全日本社会人選手権大会が行われ、私は時間がとれたので11.23・25の両日短時間だが試合を観戦した。11.23に気付いたのだが岡本先生のお姿をかくにんすることができなかったので11.25近くにいたF先生(元高校教師)に挨拶がてら近況報告を行い「岡本先生はどうされてますか?」との問いかけにF先生の口から信じられない言葉を耳にした。「岡本先生、亡くなったんだよ。知らなかったの」・・・ショックでした。あまりのショックにフロアに座り込んでしまいました。あの当時岡本先生もお若く眼光鋭くご指導していただき練習が終わると子供の様にはしゃぎまわってた。特に合宿中などは大きな子供が一人増えたかのように率先して遊びに加わり私たちの緊張をほぐしてくださった。数年前に福島の試合観戦に行ったときちょうどロビーに先生のお姿を確認し挨拶をした。「○○高校の・・・」それだけで私を認識し名前を呼んでくださいました。数十年もお会いしてないにも関わらずです。・・・11.26に岡本先生の記事をネット検索すると貴殿のブログを発見しやはり先生は愛されていたんだと認識するとともに「死」の事実は事実と受け止めこみ上げるものをこらえるのに必死です。興奮し脈略のない文章になってしまいまし申し訳ございません。遅ればせながら「献杯」
一周忌に寄せて…
岡本氏への想いが溢れるコメント、ありがとうございました。
私にとっても、魅力的な方でした。
もう1年が経ったのですね。
一周忌に寄せて、共に「献杯」を捧げたいと思います。

管理者のみに表示