昨年の愛媛国体の記事

リフター魂91 愛媛国体①
リフター魂92 愛媛国体②
リフター魂93 愛媛国体③

この流れで、次は105キロ超級の試合について書くつもりだった。
他にも愛媛国体関連で書きたい記事はいろいろあったのだが…。

昨年末よりタスク満載の日々が押し寄せ、ブログの更新がままならず。
ようやく落ち着いた頃には、ソメイヨシノが開き始めていた。
時機を逸した感があるので、それらの記事は別の機会に書くことにしよう。

ソメイヨシノは見頃を過ぎ、その花びらを散らせたが、今日に至るまでブログを更新する気が湧いてこなかった。

そんな中、管理人のリフター魂を呼び覚ましたのは、姉のこの言葉である。
(管理人はリフターではないが^_^;)

「どちらか言うと、駆け引きよりも気合のガチンコ勝負に魅せられる。
相手が何キロ挙げようとも、それ以上に挙げればこっちの勝ち」

当たり前のことである。
けれどもこの一言が、管理人のハートを射抜いたのである。

そうだった!!
ウエイトリフティングは、そういう競技だった!!
(今さら何を言っている!?)

あの初観戦の日…。
金属と金属が触れ合う乾いた音。
バーベルが床へ帰る落下音と振動。
試技ごとに繰り返される沈黙と歓声。

異次元空間へ誘われたようなあの不思議な感覚から9年。
管理人の中で、ウエイトリフティングは複雑なものになっていたような気がする。

細かいルールや制約はある。
ただ挙げれば、それで良いわけではない。
けれども、最終的に一番重い重量を挙げた人が勝者となるという点では、非常にシンプルでわかりやすい競技である。

時に気が遠くなるような退屈な練習の繰り返し。
それに耐えた人が掴み得る栄光。

すべては勝負のプラットで、最も重いバーベルを挙げるため。


‥∵‥☆‥∵‥∵‥☆‥∵‥∵‥


SANYO_DIGITAL_CAMERA_35_convert_20180413111241.jpg

どこかで使いたいなと思っていたこの写真。
2015年の和歌山国体での一枚である。
左から、村上英士朗選手(富山)・近内三孝選手(福島)・松岡猛紀選手(熊本)・知念光亮選手(沖縄)

松岡選手が、憧れの選手たちと記念撮影をしていたのだろうか。
そこへ通りかかった管理人。
「私にも一枚撮らせて」と言うと、うろたえ始める松岡選手。
「いや… あの… 僕は… この人たち、すごい人たちなんで…」

「ナショナルメンバー、すごいのはわかってる。だから撮らせて」と、管理人。
すると今度は近内選手が「僕はナショナルじゃない」と言い出す。
「(世界)ジュニア、出てただろう…」と、知念選手。

もうわかったから…
だから黙って撮らせて!!

ということで…
ようやく撮らせてもらった一枚である。

「僕はナショナルじゃない」と言っていた近内選手。
彼は今、69キロ級日本記録保持者である。

リフター魂94 逝く人を偲び、往く年を思う

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)