2018/07/31

リフター魂96 105キロ級

今回も、まずはこの記事の答え合わせから…

リフター魂93 愛媛国体③ 成年105キロ級

正解は、田中太郎選手。
圧倒的な安心感を与えてくれる名前である。
この名の持ち主が、今年の全日本選手権で105キロ級スナッチの日本新記録を樹立し、吉本氏の最後の名前を消した。

昨年、ジャークとトータルで18年ぶりに日本記録が更新されたとき、記事にあるように管理人は一抹の寂しさを覚えた。
けれども今回はそのような感情は沸き起こらず、むしろ新階級に移行する前に、20世紀の記録が塗り替えられたことに安堵感を抱いている。
記録は消えても、記憶は残る。

昨年、管理人が感傷的になった一因は、国体の試合会場の雰囲気にあるのではないか。
国体では、成年105キロ級の試合が2日目の最終に組まれている。
昼間、観戦していた地元の人たちは帰路につき、選手やコーチ陣も翌日以降の試合に備えて宿舎へ戻っていく。
ひしめいていた試合会場には空席が目立つようになる。
数年前は、「良い試合なのにもったいないな」と思っていたが、次第にそれが心地良くなった。
この試合を純粋に観たい人だけが残っている観戦席はどこか神聖で、そこにいる人たちは、この試合に招待された観客のように思える。
プラットホーム上で繰り広げられる熱戦とは対照的に、静かに暮れ行く街の風景。
勝者が決まる頃には夜の帳が下り、辺りは深い闇に包まれる。
試合会場の中にいながら、そういった外の様子を感じ取ることができるのである。
その不思議な感覚が、管理人をセンチメンタルな世界へと誘ったのかもしれない。

105キロ級の試合は、いつまで観られるのだろうか。
階級再編のニュースに、心が揺れる今日この頃である。


‥∵‥☆‥∵‥∵‥☆‥∵‥∵‥☆‥∵‥


田中選手、持田選手、白石選手、そして吉本氏(高校時代は砲丸投げ?)も通過したインターハイ。
今年のインハイは、「2018 彩る感動 東海総体」である。
今週末には、ウエイトリフティング競技も始まる。

管理人にとっても、高校ウエイトは原点である。
こんな世界があることを教えてもらった9年前の初観戦。
何でも知っているような顔をして生きてきたが、世の中はまだまだ知らないことで満ちている。
ウエイトリフティングは、管理人を謙虚にさせてくれた。

高校生の試合を観なくなって久しいが、今夏のインターハイ、久しぶりに観戦してみるか!?
新しい何かに出逢えるかも…
全日本選手権 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示