2018/09/22

リフター魂100 ウエイトリフティングブログとして

ウエイト界に、何か”コト”が起こると、ブログのアクセスが増える。

例えば三宅宏実選手の五輪メダル獲得など、国内外で選手が活躍すると、それに呼応するようにアクセス数が伸びる。
たいていは、そのように良き”コト”の場合が多い。
他のウエイトリフティングブログにも、同じような傾向が見られるのではないか。
ところが今月、それとは違う”コト”でアクセス数が伸びた。

この記事が、リフター魂シリーズ100番目の記事となる。
「リフター魂100」を一つの区切りにしようと思っていたので、それにふさわしい内容を探していた。

ウエイト界に激震が走るような爆弾を投下して、このブログを閉じてしまおうかと考えたりもしたが、どうやら爆弾は別のところから投下されたようである。
そもそも管理人は、そんな爆弾を保有していないし-_-;

スポーツ界を取り巻く昨今のさまざまな報道は巨大なエネルギーを持ち、ともすると判断力を鈍らされてしまう。
人は普通に歩いていても、地面を這っている虫を、気付かずに踏むこともある。
一連の流れに、胸に手を当てて自らにこう問いかけずにはおれない。
「私は、誰かを傷つけてはいないだろうか…」と。

WL協会前会長の小池百合子氏は、しばしば「アスリートファースト」とおっしゃってきた。
「TOKYO 2020」を控えた都知事としての言葉ではあるが、現会長も、当然それを継承されているはず。
父親である前に、多くの選手を預かる代表監督であるはず。

9年前に初めて観戦したインターハイで、選手のTシャツの背中に見つけた“リフター魂”の文字。
その美しい響きに心奪われ、それから約1年後、リフター魂シリーズをスタートさせた。
“記念すべき”「リフター魂100」を、このタイミングで書くことになった。

100番目の記事を送り出したら、ブログを閉じないまでも、形態を変更しようと思っていた。
ところが今回のアクセス数の異様な推移に心が揺れ、ウエイトリフティングブログという立ち位置で、このまま継続させることにした。

今後、記事のタイトルに“リフター魂”とは付けないが、このワードはブログタイトルに冠して残す。
これからは軽めの記事も書いていく。
もちろん、重い記事もアップする。
「重量挙げ」だから^_^

2020年夏。
このブログを含め、ウエイトリフティングブログのアクセス数が、過去最高に伸びることを期待しつつ…
その他 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示