2018/09/30

覚悟を決めて

管理人は、飛行機が好きである。
けれども、少し揺れただけで死んでしまうのではと怯える小心者である。
それでも好きである。
だって、空を飛べるのだから。

この時期になると思い出す。

2014年長崎国体。
ウエイトの初日は、台風接近により大荒れだった。
飛行機の欠航が相次いでいたため、前日に陸路で長崎入りする人が多かった。
管理人はスケジュールを動かすことができず、台風の中、飛行機が飛んでくれることに賭けた。

前夜遅くまで、台風情報や航空会社のHPと睨めっこ。
早朝に目覚めると、再びチェック。
欠航の文字は見当たらない。

行くしかない!!
空港へと向かう。
早々に保安検査場を通過し、搭乗口にて待機。
掲示板を見つめながら、アナウンスに耳を傾けていた。
出発予定時刻が近付いてくる。
欠航というインフォメーションはない。

ついに、搭乗案内が始まった。
そこで初めて、現地の天候により引き返す旨のアナウンスがあった。

「そんなの、今頃言われても…」と近くの人が言っていたが、とにかく飛ばしてくれることに、管理人は感謝した。
飛ばした以上、現地に着陸させたいはず。
が、実際に引き返した機もあったので安心はできない。

座席は3分の1も埋まっていなかっただろうか。
離陸し、水平飛行に入った。
機内は静まり返っている。

しばらくして、機長から現地の天候を伝えるアナウンス。
機内サービスは諦めていたが、揺れる機内でドリンクサービス(火傷の心配がない冷たいドリンク限定)が始まった。
嵐の中で搭乗してくれた乗客への、“お・も・て・な・し”か。
機内の空気が、少し和んだように感じた。

機長は、この飛行機を長崎空港へ降ろすつもりだ。
その時、そう確信した。

着陸態勢に入り、降下に伴っていよいよ激しく揺れる機体。
誰も、何もしゃべらない。
エンジン音が響く。
窓の外は、何も見えない。
その時間は、非常に長く感じた。

そして、わずかな衝撃と共に視界に飛び込んできたのは、長崎空港の滑走路である。
ソフトランディングだった。

「墜落する前に、心臓麻痺で死ぬかと思った」と口にする乗客たち。
無事に着陸したからこそ、言える言葉だろう。

小心者の管理人だが、その時は、意外にもそれほど恐怖を感じていなかった。
それよりも…
大自然の猛威の中、長崎空港の滑走路を目指してひたむきに進む、小さな翼がたまらなく愛おしかった。

こんな大きな鉄の塊を、空を飛ばすことを考えた人類。
さらには、道具を使わずに200キロ以上の鉄の塊を頭上に持ち挙げることを考えた人類。
人類って、素晴らしい!!
そんなことを思っていた。

飛行機で長崎入りすると、覚悟を決めた管理人。
飛行機を飛ばすと、覚悟を決めた機長、運行管理者。
そしてその飛行機を長崎に降ろすと、覚悟を決めた機長。

人が覚悟を決めた時、何かが動く。

あれから4年。
もうすぐ福井国体。
選ばれしリフターたちには、覚悟を決めてプラットホームに立ってほしい。

そうすれば…
きっと奇跡が起こる。


2014長崎国体の記事
リフター魂68 長崎国体記念全国中学生選抜大会
国体 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示