2018/10/15

ウエイト女子は優しくて

加藤智子先生 & 西山陽先生

国体の季節になると、なぜか翌年の全日本選手権の開催地が気になってしまう。

昨年の愛媛国体観戦中も、ふとそれが気になった。
どなたか役員の方にお聞きすればわかるのではと思いながら歩いていると、最初に出会った方が加藤智子先生だった。

いきなり呼びかけ、尋ねる管理人。
すると、「石川県の金沢です」と即答してくださった。
さらに、ご親切な加藤先生。
体育館の名前まで教えてくださろうとする。
ところが、それがなかなか思い出せない様子。

「え~と… あの~ え~と… 何だったっけ… え~と…」
一人悶々とされる先生。
「高校選抜のところじゃなくて… あの… え~と… 女子の都道府県の…」
一生懸命、思い出そうとしてくださった。

「先生、ありがとうございます。それだけで十分です」と管理人。

“いしかわ総合スポーツセンター”
先生が思い出そうとしてくださったのは、この名称である。

何とかそれを伝えようとしてくださる加藤先生。
お優しくて… 可愛くて…
管理人はハグしたくなった。

そして今年の福井国体。
またまた、来年の全日本選手権の開催地が気になり始めた。

たまたま近くにおられた西山陽先生にお聞きした。
悩ましげな表情をされる先生。
「全日本… 全日本… う~ん… ごめんなさい… わからない…」

その後、管理人は先生の軽快なフットワークを目の当たりにすることとなった。
役員の方を見つけると、次から次へと走って行って聞いてくださる西山先生。
その行動力に感嘆した。

ある方から「岩手」という地名が出るには出たが、定かではないとのことで、申し訳なさそうに、「ごめんなさい…」と頭を下げてくださる西山先生。
とんでもない。
「先生、もう忘れてください」と管理人。

その後の試合でレフリーを務められる西山先生。
レフリングに影響が出ては大変である。
(それはないか!!)

そして翌日。
管理人を見つけると、先生が駆け寄って来てくださった。
「わかりました!! やっぱり岩手の奥州です!」
とても嬉しそうな西山先生。

お優しくて… 可愛くて…
またまたハグしたくなった。

加藤先生と西山先生。
サンプルは少ないけれど、以上のことから管理人が導き出した結論はこうである。

ウエイト女子は、何事にも一生懸命!!
優しくて、可愛くて、熱くて… そして… 強い。

人に感動を与えるのは、偉大な成果を出すことだけではない。
両先生の誠意が、管理人に小さな感動を与えてくれた。

管理人の好きな聖書の言葉に次のものがある。
「小さい事に忠実な人は、大きい事にも忠実であり、小さい事に不忠実な人は、大きい事にも不忠実である」

小さなことをなおざりにする人が、大きなことを成し得るとは思えない。
今を大切にできない人が、未来を語れるとも思えない。

今、目の前で起きている小さなことと誠実に向き合い、少しだけ丁寧に生きてみる。
その積み重ねが人生である。

管理人に感慨を与えてくれた、優しくて可愛いウエイト女子は他にもいる。
また、近いうちに紹介したいと思う。
人物 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示