2018/10/24

安藤美希子選手へ

「この子、私と同じ名前だから応援します!」

ウエイトのことは、まだほとんどわかっていなかった2010年春の全国高校選抜選手権。
安藤選手の名前がコールされた時、隣にいらっしゃる屋良先生にそう言ったのを、昨日のことのように覚えている。

管理人は、仕事では「みき」で通しているが、仕事の鎧を脱いだプライベートの名(本名)は「みきこ」である。
(安藤選手と漢字は違うが…)

娘の幸せを願ってのことだろう。
信心深い両親が、いろいろと鑑定してもらって付けてくれた名前である。
それ故、姓名判断などではいつも「とても良い名前です」と太鼓判を押される。
「(良すぎて)女性には、ちょっと強すぎるかもわかりませんね」と言われたこともある。

名前というのは運命を共有しながら、生涯に渡って個人が背負っていくものである。

「私と同じ名前だから…」
応援する理由は、それで十分である。

2階級通しての高校記録保持者となったこの大会の後、膝を手術。
復帰後、全日本選手権を7回制覇した彼女。
今夏、女子ウエイト界24年ぶりとなるアジア大会でのメダル獲得。

彼女が、過去の自分を超えて日本記録を更新する度に、自分のことのように喜んだ。
一人韓国に渡り、信じる道を突き進む彼女の姿に、かつての自分を重ねていたのだろうか。

もうすぐ世界選手権。
そして2年後には東京五輪。

全国の「みきこ」が、あなたを応援している。
きっと…

頑張れ!!

みきこ。


リフター魂30 安藤美希子選手
リフター魂81 あれから6年…
人物 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示