2018/11/21

ラポール

小宮山先生と瑤子さま

「ラポール」とは、心理学用語で、セラピストとクライアントの間の信頼関係のこと。
本来の意味ではないようだが、そこから「橋をかける」というような意味でも用いられる。

ウエイト観戦は、カウンセリングでもセラピーでもないが(管理人にとっては一種のセラピーである^_^)、先日の国体の試合会場でラポールを見た。

三笠宮瑤子さまが国体でウエイトをご視察されるのは、今年で何回目だろう。
これまで、歴代のご説明役から何度も説明を受けてこられた。
ご聡明な瑤子さまのことである。
ウエイトの基本的なことは、もう理解しておられるのではないだろうか。

昨年の愛媛国体では、ご説明役の小宮山哲雄専務理事は、瑤子さまのお席とは少し離れた斜め後方に座られ、特に説明はされていなかったように見えた。

今年の福井国体3日目。
貴賓席が設けられていたので、皇族のご視察があるのだろうと思ったが、その時点では、どなたが来られるのかはわからなかった。

少年62キロ級スナッチ競技が佳境に入ってきた頃、SPらしき人の動きが活発になり、そのご到着が近いことがわかった。
このまま行くと、スナッチとジャークのインターバルにご視察の時間がかぶってしまう。
その10分間を、協会側はどう乗り切るのだろう…と、余計な心配をしていた。

今年も、来られたのは瑤子さまだった。
そして間もなくスナッチが終了。
場内のスクリーンにはDVDが上映されていた。
管理人の観戦場所からは、貴賓席が見えなかった。
インターバルの間に試合会場を一周散歩し、その時に、チラッと貴賓席に目をやった。
管理人が見たのはわずかな時間だったので、あとの時間をどうされていたかはわからないが、その時は、なんとあの瑤子さまが笑顔で、身振り手振りでお話をされていた。
その瑤子さまを、少し斜め後ろから優しく見守っておられる小宮山先生。

ラポールが築かれている!!
そう思った。

思えば管理人の9年前の初観戦にも、説明役がほしかった。

ウエイトのことを少しは知っているであろう姉は、試合会場をうろうろしているし…
姉と一緒に何度も観戦しているはずの母は、八木かなえ選手と双子ちゃんリフターの尾崎姉妹以外はわからないと言うし…
甥は、知らん顔して一人で観戦しているし…
彼氏と一緒に来ていた(リフターでない方の)姪は、その日が初観戦だったし…
(ジュリーのことは、なんとなく教えてくれたが…)

リフター魂72 判定競技

2ヶ月後のインターハイで屋良先生と出会って、どれだけ安心感を覚えたことだろう。
きっと、屋良先生と管理人の間には橋がかかっていたと思う(^^♪

リフター魂42 ウエイトの神秘に魅せられて

来年の茨城国体は、どなたがご視察に来られるのだろう。
そして、どなたがご説明役を務められるのだろう。

願わくは、お二人の間にラポールが形成されますように(^_-)-☆
国体 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示