2010/06/15

リフター魂4 三宅宏実

日本の現役リフターの中で真っ先に名前が浮かぶのは、やはりこの人かもしれない。
三宅宏実。
メキシコ五輪銅メダリスト三宅義行氏のDNAを受け継ぐ。
北京五輪では、メダルには届かなかったものの6位入賞。

身長147cm。人形のように愛くるしい。
こんな小柄で可憐な女性が、どうしてあんなに重いものを持ち上げることができるのだろう。

先月、大阪で開催された全日本選手権では、6回の試技のうち5回を成功させて自らの日本記録を全て塗り変えた。
歓喜の輪に包まれてインタビューコーナーへ向かう彼女に、一人叱責の言葉を浴びせる男がいた。
父であり、師でもある義行氏その人だった。
記録更新にもかかわらず、試技を1回失敗したことに対する叱責であった。
「あんなところで絶対に失敗したらダメだ!これが世界だったら、どうなるかわからない!」

父娘の目は、常に世界に向かって開かれている。

p1070566_1.jpg
全日本選手権女子53キロ級表彰式(2010.5.28)
人物 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示