全日本選手権2連覇

「安藤美希子」で検索すると「安藤美希子応援ブログ」なるものがヒットする。
覗いてみると、その内容が実に熱い。
こんなに愛されている安藤選手とは、いったいどんなリフター?と、彼女につながる記憶の糸をゆっくりとたぐってみた。

過去に一度だけ、管理人は彼女と接点を持つことができた。
2年前の全国高校選抜大会である。
58キロ級で高校記録を持っている彼女が、2階級を通して記録保持者となるために、増量して63キロ級で臨んだ大会である。
有言実行。
高校新記録を打ち立てて優勝した彼女は、この大会の最優秀選手にも選ばれた。
(ちなみに男子の最優秀選手は、ジュニア記録を更新した南部工業の玉寄公博選手^^♪)

翌日、管理人は試合会場で北國新聞の朝刊を探していた。
前日の結果をどう伝えているかを知りたかったからだ。
見つからないのであきらめて観戦していると、前方にそれらしきものを持っている人を発見。
埼玉栄高校の加藤仁先生である。
管理人はそっと近づき、「先生、ちょっと見せていただいてもいいですか」と声をかけた。
もちろん先生は快諾。
先生が開いておられた頁には、安藤選手の活躍が大きく伝えられていた。
管理人は、そこに掲載されている彼女の写真を見て思わず絶句した。
その写真からは、女子高生の可憐さは微塵も感じられない。
体じゅうの筋肉が自らの存在を主張し、全身の毛が逆立っているかのような、まさにその瞬間を捉えた1枚だった。
「本当はもっと可愛いですよね~」と、近くで観戦していた人がフォローした。

そこへ安藤選手本人が登場。
加藤先生は、彼女にその写真を指差して見せられた。
「実物はこんなに可愛いのに^^;」と管理人。
「この2秒後だったら、もうちょっとマシだったと思うんですけど…」と安藤選手。
そして彼女はその場から去って行った。
衝撃的な出会いだった。

当時、彼女は膝の半月板を痛めていて、だましだまし競技を続けていたようだ。(それでも日高新!!)
獲れるタイトルは全部獲りたいということで、その夏の全国女子大会の後、手術の予定でいたようだ。

が、結局・・・
夏の大会は棄権という結果に終わり、最後の高校日本一のタイトルを掴むことは叶わなかった。
けれどもそれは、さらに大きなタイトルを獲るために、彼女が通らなければならない試練だったのかもしれない。

膝を治し、大学生になって臨んだ昨年の全日本選手権において、彼女は日本新記録で優勝を飾り、その後も大会ごとにさまざまな記録を樹立している。
そして迎えた今年の全日本選手権。
自らが持つ日本記録を更新し、圧倒的な強さで女王の座を守った。
そんな彼女の視界には、ロンドン五輪も入ってきた。

狙えるタイトルは全て狙い、記録に対しても貪欲に、飽くなきハンターであり続けてほしいと思う。
頼もしい応援団と共に。

oth12041416040010-p3_convert_20120422172134.jpg
安藤美希子選手(平成国際大学)


エステティックサロンぶどうの木へ

リフター魂31 ロンドン五輪代表決定

リフター魂29 全国高校選抜大会

comment iconコメント ( 4 )

初めまして
安藤美希子応援ブログの管理人です

2年前の、安藤選手の素顔がうかがえる記事を
楽しく読ませていただきました
差支えなければ
この記事へのリンクを張らせていただきたいのですが
よろしくお願いいたします

名前: 安藤美希子 [Edit] 2012-04-27 12:43

初めまして

ネット上に安藤選手の記事が溢れている中で、つたないブログに目を留めてくださってありがとうございます。
リンク大歓迎ですよ♪
(私はすでにリンクを張らせていただいています^^;)

2年前は、ウエイトの観戦を始めてまだ日が浅かったため、ウエイトリフティングという競技のことも有力選手のこともほとんどわからない状態でした。
予備知識がなかったから、安藤選手のさわやかな印象がストレートに私の中に入ってきたのだと思います。
あの時の少女(?)がこんなに活躍していると思うと、とても感慨深いです。
ぜひ、ロンドンへ行ってほしいですね。

名前: ぶどうの木Blog管理人 [Edit] 2012-04-28 18:04

わざわざコメントをいただきありがとうございます。

「ぶどうの木」いつも気持ちの入った記事を拝見して
参考にしています。 
これからもブログ応援しています。

名前: 安藤美希子応援ブログ [Edit] 2016-03-23 10:14

安藤美希子応援ブログ様

こちらこそ、ありがとうございます。

この記事を書いてから4年。
オリンピックイヤーがやってきましたね。

いざ、リオへ!!

名前: 管理人 [Edit] 2016-03-23 14:28

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)