2012/09/15

リフター魂39 壺屋焼に思う

琉球王国からウエイトリフティング王国へ

管理人愛用のお茶碗が割れてしまった(T_T)
その話を屋良先生にすると、管理人の誕生日に合わせて、壺屋焼のお茶碗とお湯呑みのセットをプレゼントしてくださった。
日頃の南部工業、そして沖縄に対する熱い応援へのお礼だとおっしゃる。

壺屋焼は沖縄の伝統的な焼き物であり、その歴史は古い。
中でも、深い紅色の「赤絵」は壺屋焼の最高峰とも言える。
陶器の焼成は1200度だが、赤の釉薬は高温では発色しないため、まず素地を焼いて、その後に赤を描き、もう一度800度で焼き上げるという。
手間もコストもかかっている。
島ということで薪が少ない沖縄において二度焼きする赤絵は、かつて琉球王朝貴族だけが使用できたという。
炎の中を二度も通って誕生したその器は、気高く、深く、荘厳な輝きを放っている。

人もまた、ほむらの中をくぐりぬけながら、錬られ、磨かれ、輝きを増していくのかもしれない。
その器を眺めながら、全国で活躍する沖縄出身のリフターたちにしばし思いを馳せていた。
彼らのルーツである琉球王国は、時代の流れの中で幕を閉じたが、彼らには、守らなければならない王国がある。

昭和40年の岐阜国体に参加した沖縄選手団は、全国とのレベルの差に衝撃を受けて帰ってきた。
そして本気になった彼らは一丸となり、やがてウエイトリフティング王国沖縄を築き上げた。

47年の時を経て、今年、岐阜で国体が開催される。
王国の未来を担うリフターたち。
郷土の誇りをかけて挑む「ぎふ清流国体」で、王座奪還を!!

SANY0139_convert_20120914100938.jpg
新垣健司氏作
陶芸家の息づかいが聞こえてきそう♪
(新垣氏は、宮本昌典選手のお父様の陶芸の先生^_^)
沖縄ウエイト | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
壺屋焼に魅せられました。。。
これはすばらしい逸品ですなぁ~
燃えるようで萌えるような紅色,
伝統と品格が画像から十分伝わってきますよ
これがあれば3度の「うちごはん」が楽しみだね。

ところで誕生日おめでとう。。。
不思議なご縁で出会った重量挙げをこれからも応援していこう
Re: 壺屋焼に魅せられました。。。
ありがとうございますm(__)m

この壺屋焼の器を眺めていると、琉球王朝時代の風景が眼前に広がり、雅さに包まれます。
新しい一年、これまで積み重ねてきた自分自身の人生に恥じないように歩んで行きたいと思っています♪
こんにちは、はじめまして。
宮本先生から聞いて、記事を読ませていただきました。
健陶芸の新垣健司です。
ブログに私たちの商品を紹介していただきありがとうございました。
これで、美味しいご飯を食べていただきたいと思います。
Re
新垣先生、コメントありがとうございます。

プレゼントしてくださった屋良先生によると…
「美人に贈りたいのですが、どれがいいですか?」と、お店の方に相談したら、先生の作品を薦めてくださったそうです。
この器を使わせていただくのに相応しい(心の)美人になりたいと思います。

素敵な器を誕生させてくださってありがとうございます。
さらなるご活躍をお祈りしています♪


管理者のみに表示