6月半ばの近畿大会。
バーベルを降ろすと、彼は斜め後方を振り返った。
万雷の拍手に包まれながらも、自らの目で、成功を告げるランプを確認せずにはおれなかった。
彼の中の心の迷いが、そうさせたのだろう。
初めて日高新を樹立したときのことである。

あれから約2ヵ月。
インターハイのプラットホームで、彼は後ろを振り返らなかった。
その視線は、どこまでも真っ直ぐに前方だけを見据えていた。

圧倒的な安定感。パーフェクトな6試技。
重量変更によって時計を止めることもなく、試合は流れるように進行した。
スナッチ、ジャーク、トータル。
その全てにおいて高校記録と大会記録の一覧から、先輩たちの名前を容赦なく消し去り、自らの数字も上書きしていった高校3年生。
彼の名は、生頼永人。

管理人が初めてその名を知ったのは、昨年の全国高校選抜である。
本田大智選手(加悦谷高校)との激戦を制してチャンピオンになった彼。
そのときまで、管理人の中で彼はノーマークだった。

ウエイトファンとしての自らの不覚を恥じ、中学校時代まで遡って彼の記録を追ってみた。
その無機質な数字の羅列をたどるうちに、彼が歩んできた道のりが鮮やかに浮かび上がった。
そして、彼と本田選手の対戦を取り上げた記事「リフター魂29」を書いた。
以来、彼は何度か「ぶどうの木Blog」に登場している。

今年のインターハイ2日目。
69キロ級Aの試合がまもなく始まろうとする頃、人の波が去った練習場に彼の姿があった。
成功イメージ以外の何者も寄せ付けない空気が、そこに漂っていた。

午後4時。雷鳴轟く中で競技が始まった。
しんがりに登場した彼は、プラットホームの上で大きく見えた。
まばゆいステージに、淡々と新記録の山を積み上げていく彼。
雄叫びもガッツポーズもない。
新記録というのは、時に静かに誕生するものである。

プラットホーム上の静けさとは対照的に会場を沸かせたヒーロー。
翌日、その姿を最初に見た場所は、やはりあの練習場である。
前日の栄光は、過ぎ去った遠い日の出来事でもあるかのように、彼は一人、シャフトと向き合っていた。
彼にとって、それは通過点に過ぎなかったのだろうか。

昨春の全国選抜で、管理人の前に鮮烈に現れた彼。
昨夏のインターハイ。
高校2冠を果たし、チームの団体優勝に大きく貢献した彼。
手首を傷めながら臨んだ岐阜国体。
アップ場でも触れなかった重量を、プラットホーム上で挙げきった彼。
今春の全国選抜で、2階級制覇を果たした彼。
そして今夏のインターハイ。
謙虚さはそのままに、チャンピオンの風格を備えて、彼は管理人の前に現れた。

より強くなったことが、彼をチャンピオンらしくしたのか。
チャンピオンであり続けることが、彼をより強くするのか。

ひとたび広げた翼を、決して彼は休めない。
多くの人の想いをその翼に乗せ、いよいよ高く羽ばたいていく。


SANY0275_convert_20130809171343.jpg

SANY0244_convert_20130809171937.jpg

SANY0258_convert_20130809170327.jpg


‥∵‥☆‥∵‥∴‥∵‥☆‥∵‥∴‥∵‥☆‥∵‥∴‥


新記録への挑戦のとき、その時点での記録保持者の名前がアナウンスされることがある。
管理人は、現保持者への敬意が感じられるそのアナウンスが非常に好きである。

今大会では、「リフター魂46」で、知念光亮選手(豊見城高校)との対戦を取り上げた105キロ超級・村上英士朗選手(滑川高校)が、高校新記録とジュニア新記録を打ち立てた。
生頼選手とは対極に、彼はその場で喜びを爆発させた。
そんな彼の姿に、佐藤公治監督は、プラットホームに上って行きそうな勢いだった。

新記録誕生の瞬間は、その時々に美しい。


エステティックサロンぶどうの木へ

リフター魂51 「TOKYO 2020」

リフター魂49 母の祈り

comment iconコメント ( 4 )

いつか

いつもブログ楽しく拝見しています、息子が8月22日の中学生大会に参加します、まだ始めて5ヶ月ですがS65J105キロがベストです、いつの日かこのブログに登場するような選手になってもらいたいです

名前: 三重の中学生リフターの父 [Edit] 2013-08-10 10:49

Re: いつか

ご子息の全中デビュー、おめでとうございます。
中学生大会には、私の知っている中学生も数名出場します。
彼らはみんな、ウエイト界の宝です。
藤沢へは観戦に行けませんが、結果を楽しみにしていますね♪

名前: 管理人 [Edit] 2013-08-11 07:18

残念

残念ですが、昨日の練習でスナッチ70ジャーク105あげて110クリーンに失敗右手首骨折してしまい全中棄権になってしまいました、本人が一番悔しいとおもいますが、来年全国デビューで、このブログをみているみなさんをおどろかせたいです。

名前: 三重の中学生リフターの父 [Edit] 2013-08-11 10:18

Re: 残念

それは残念ですね~

でも一年後には、間違いなくみんなが驚く中学生リフターに成長することでしょう。
そしてさらに大きな舞台で、彼が活躍する日を楽しみにしています♪

名前: 管理人 [Edit] 2013-08-11 17:18

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)