2013/09/26

リフター魂52 郷土の誇りを胸に

人は、いくつ故郷を持っているのだろうか。

管理人の場合は…
幼き日に、たくさんの思い出をくれた京都。
それが故郷である。
第二の故郷は、多くの人と出会い、思いを重ねた地、奈良である。

そしてもう一つ、心の故郷がある。
これまで幾度も、疲れた心と体を癒してくれた場所。
青い空、青い海を持つ島、沖縄である。

今から68年前の太平洋戦争末期、激しい地上戦の舞台となった南の島。
かつて沖縄出身の老婦人が、管理人にこのように語られた。
「貧乏は怖くない。でも、戦争は怖い」と。

暗く悲しい過去を持ち、今も傷ついている島。
それなのに… いや、それだから… と、言うべきだろうか。
この島は、訪れる人々をいつも温かく迎え、明日への希望を与えてくれる。

4年前、管理人にとって、この島はより身近な場所となった。
まほろば総体で、屋良先生や沖縄の選手たちと出会ったことで、この島はさらに管理人に近づいた。

沖縄の風土に育まれたリフターたちは、強く、優しかった。
自分自身を限界まで追い込んでいる彼らの姿を目の当たりにすることがなかったなら、ウエイトファンとしての今の管理人は存在していなかったかもしれない。

来月、選ばれしリフターたちが、郷土の誇りを胸に、東京国体のプラットホームに立つ。

都道府県の枠を越えて、応援したい選手は数多くいる。
もちろん、故郷である京都、奈良の健闘を心から祈る。
それでもやはり管理人は、今大会、チーム沖縄の連覇を願わずにはおれない。

それは…
疲れた心に微笑みかけてくれた、青い海の優しさへの恩返しである。


SANY0210_convert_20130925180130.jpg
2012年 岐阜国体で、4年ぶりに総合優勝を果たした「チーム沖縄」
(セラトピア土岐にて)
「リフター魂41 チーム沖縄」
昨年の代表選手7名の内、6名は同じメンバーで、今年連覇に挑む。
沖縄ウエイト | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示