てっぺんに立ちたい。
そこからの景色を見たい。

そんなアスリートたちが集っている場所。
東京都北区にある「味の素ナショナルトレーニングセンター(略称NTC)」。
スポーツ振興基本計画に基づき、2008年に開所された。
利用できるのは、JOCの強化指定選手と競技団体の強化選手のみ。
日本のアスリート界の未来を担う、選ばれし者たちのための施設である。

3ヶ月前、ウエイトリフティング男子ナショナルチームの稲垣英二監督の案内で、NTC内を見学させていただいた。
監督が説明してくださったその全てをここで公開することは到底かなわないが、日本のアスリート界、分けても愛してやまないウエイト界の発展を願いつつ、NTC内部へと誘いたい。

‥☆‥∵‥∴‥∵‥☆‥∵‥∴‥∵‥☆‥

SANY0377_convert_20140102142425.jpg
正面玄関。「関係者以外立入禁止」の赤い文字が…

SANY0378_convert_20140102143945.jpg
エントランスロビーでは、ロンドン五輪メダリストたちの写真パネルが出迎えてくれた。

SANY0380_convert_20140102143024.jpg
ひときわ可愛い三宅宏実選手♪

SANY0381_convert_201401021437.jpg
日本選手団のサイン

SANY0382_convert_20140102144243.jpg
三宅選手のサイン
バーベルのしなり具合がGood(^_-)-☆

SANY0402_convert_20140102144731.jpg
では、地下1階 ウエイトリフティング場へ

SANY0399_convert_20140102145723.jpg
この練習場で、ナショナルチームはトレーニングに励んでいる。

SANY0384_convert_20140102145940.jpg
稲垣監督が自費で製作されたジャーク強化マシン。
日本人リフターは、総体的に最後の“おさえ”が弱いとのこと。

SANY0385_convert_20140102150153.jpg
こちらもジャーク強化マシン「ジャークBOX」。
南部工業にも屋良先生お手製のものがあるが、製作費用はざっとその140倍(@_@。
稲垣監督曰く、「結婚しないと思っていたので、ウエサカ(ウエイト用品メーカー)に作ってもらいました」。
選手の成長を願う監督ならではの秘密が、このマシンに隠されている。
選手にも内緒だということなので、ここでそれを公開することはできない(ーー;)

SANY0401_convert_20140102150529.jpg
不思議なかたちをしたバーベルを発見。
姿勢を維持するためのものだとか…
その名も「ヘキサゴン」。

SANY0400_convert_20140102150717.jpg
筋肉というシロモノは、引っ張られるとそれに反発して収縮する力が働く。
その力を、振動によって抑えるマシンだとか。
(表現が間違っていたら、ご指摘ください)
最初、新体操の選手が使っていて、ウエイトにも取り入れたという。
今ではほとんどの種目が使用している。
選手たちは練習前にこのマシンを使う。

体の硬い管理人が体験。すると… あら不思議(@_@)
前屈した管理人の指先が、下へ下へと伸びていった\(◎o◎)/!
強力なマシンなり(*^^)v

SANY0386_convert_20140102151352.jpg
選手が快適な環境下で練習できるようにと…
体操競技も使用しているが、この装置で炭マグを吸収し、きれいな空気の中でトレーニング(*^_^*)

SANY0390_convert_20140102151636.jpg
清掃の方からお借りしているという送風機。
お借りして、早2年とか(^^ゞ

糸数陽一選手は南国育ちのせいか、暑い環境が好き。
それに対して、太田和臣選手や持田龍之輔選手は涼しい方が良い。
よって太田選手や持田選手が練習している面の方向へ、これで風を送っている。
至れり尽くせりである(^^♪

SANY0391_convert_20140102152436.jpg
壁面に取り付けられているカメラ。
ざっと見渡して7台まで確認できたような…
本来、フォームをチェックするためのものだったが、今はその用途には使用されていない。
何に使っているかと言うと…

SANY0398_convert_20140102151909.jpg
監督ルームのモニターには、トレーニング場のカメラが選手たちの練習風景を余すところなくとらえている。
監督ルームで仕事をしながら、選手の練習を見ておられる稲垣監督。
マイクを使えば、監督の声が練習場に届く。
サービス精神旺盛な稲垣監督。実演してくださった。
「太田! 寝てんじゃないよ!!」と。

太田さん、ごめんなさいm(__)m
本当に監督がそうおっしゃったので…
重量級の選手は休憩したがる傾向にあるらしい(~_~;)

SANY0388_convert_20140102153059.jpg
糸数選手のトレーニングデータ

SANY0387_convert_20140102152905.jpg
持田選手のトレーニングデータ

SANY0393_convert_20140102153410.jpg
世界選手権前だったので、代表選手のデータ

SANY0394_convert_20140102153645.jpg
島本麻美選手の作品?

島本選手のイラストに癒されたところで、トレーニング場を出て、アスリートヴィレッジ(宿泊施設)へ。

SANY0411_convert_20140102154828.jpg
一流の選手には、一流のものを見せたいということで、通路にはところどころに“一流”が。
移動中に急いで撮影したため映りが悪いが、こちらはゴッホとモネだったと思う。
絵が好きな管理人はゆっくり観たかったが、絵画鑑賞のためにNTCへやってきたわけではないので先を急いだ。

SANY0403_convert_20140102154153.jpg
食堂に到着。
食事はバイキングスタイルだが、入り口にメニュー例が。
こちらは、2500キロカロリーのサンプル。

NTCはいろいろな種目の選手が集まっているところなので、その食事だけではたんぱく質を十分に補えない。
プロテインなどより食事から摂取する方が良いということで、時々、監督は選手たちを連れて焼肉屋さんへ出かけられる。
焼肉を食べているときの選手たちの幸せそうな顔を、通年合宿のFACEBOOKで見かけることがある。

SANY0404_convert_20131111122251.jpg
食事を終えて満足げな白石宏明選手と持田選手。

SANY0407_convert_20140102154414.jpg
食事を終えて、お風呂へGo! その名も「勝湯」
当然、中は撮影できないが、大きな浴槽が3つあり、気分は温泉(#^.^#)
練習で疲れた体を癒すのに十分なのでは。

SANY0408_convert_20140102154558.jpg
お風呂の後は… 
鍼灸師の片山先生のマッサージ施術を受ける太田選手。
片山先生は選手たちの体を知り尽くしておられて、とても頼もしい。

SANY0409_convert_20131209202512.jpg
稲垣監督のお部屋公開。
隣人は三宅選手。

ツインや和室、キッチン付きのルームもあるという。
3日間部屋を空ける場合は、その都度チェックアウトするというシステム。

稲垣監督、本当にお世話になりました。
監督の内に燃えているものを、ここでは伝えられませんでしたが、その想いが選手たちに引火し、やがて炎となって大きく燃え上がることを祈っています。

‥☆‥∵‥∴‥∵‥☆‥∵‥∴‥∵‥☆‥

見学を終えて。

海外と比較するとまだまだなのかもしれないが、それにしても…
恵まれている。恵まれ過ぎている。
「それを当たり前だと思わせてはいけない」と、稲垣監督はおっしゃる。

見学を終え、NTCを後にする管理人たちを、ロビーの写真パネルの中から、メダリストたちが誇らしげに見送っていた。

この施設は、日本国民の夢を乗せて、国が莫大な総工費を投じて誕生させた施設である。
それは、全日本選手権で優勝するためのものでもなければ、日本記録を更新するためのものでもない。

この施設は、オリンピックのセンターポールに日の丸を掲げるための施設である。

  
miyake_convert_20140106093842.jpg  wtr12072905060004-p3_convert_20140102200437.jpg

リフター魂57 “元祖”美女リフター

リフター魂55 稲垣英二監督

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)