2018/09/22

リフター魂100 ウエイトリフティングブログとして

ウエイト界に、何か”コト”が起こると、ブログのアクセスが増える。

例えば三宅宏実選手の五輪メダル獲得など、国内外で選手が活躍すると、それに呼応するようにアクセス数が伸びる。
たいていは、そのように良き”コト”の場合が多い。
他のウエイトリフティングブログにも、同じような傾向が見られるのではないか。
ところが今月、それとは違う”コト”でアクセス数が伸びた。

この記事が、リフター魂シリーズ100番目の記事となる。
「リフター魂100」を一つの区切りにしようと思っていたので、それにふさわしい内容を探していた。

ウエイト界に激震が走るような爆弾を投下して、このブログを閉じてしまおうかと考えたりもしたが、どうやら爆弾は別のところから投下されたようである。
そもそも管理人は、そんな爆弾を保有していないし-_-;

スポーツ界を取り巻く昨今のさまざまな報道は巨大なエネルギーを持ち、ともすると判断力を鈍らされてしまう。
人は普通に歩いていても、地面を這っている虫を、気付かずに踏むこともある。
一連の流れに、胸に手を当てて自らにこう問いかけずにはおれない。
「私は、誰かを傷つけてはいないだろうか…」と。

WL協会前会長の小池百合子氏は、しばしば「アスリートファースト」とおっしゃってきた。
「TOKYO 2020」を控えた都知事としての言葉ではあるが、現会長も、当然それを継承されているはず。
父親である前に、多くの選手を預かる代表監督であるはず。

9年前に初めて観戦したインターハイで、選手のTシャツの背中に見つけた“リフター魂”の文字。
その美しい響きに心奪われ、それから約1年後、リフター魂シリーズをスタートさせた。
“記念すべき”「リフター魂100」を、このタイミングで書くことになった。

100番目の記事を送り出したら、ブログを閉じないまでも、形態を変更しようと思っていた。
ところが今回のアクセス数の異様な推移に心が揺れ、ウエイトリフティングブログという立ち位置で、このまま継続させることにした。

今後、記事のタイトルに“リフター魂”とは付けないが、このワードはブログタイトルに冠して残す。
これからは軽めの記事も書いていく。
もちろん、重い記事もアップする。
「重量挙げ」だから^_^

2020年夏。
このブログを含め、ウエイトリフティングブログのアクセス数が、過去最高に伸びることを期待しつつ…
その他 | Comments(0) | Trackback(0)
2018/08/27

リフター魂99 川﨑菜々紗選手

“元祖”美女リフター”の長女は、ウエイトのセンスも母から受け継いだ美女リフター。
川﨑菜々紗選手。中学1年生。
母は現役時代、世界選手権2位の実績を持つ海洋高校の川﨑さと美先生である。

「高校からでは遅い」と、海洋ジュニアウエイトリフティング教室で、多くの子供たちの指導に熱心に取り組んでおられる。
菜々紗選手を含む、3人の先生のお子様も所属している。

先日のインターハイ観戦時、わずか1時間の滞在だったが、その大半をさと美先生とご一緒させていただいた。
元リフターである管理人の姪が出産した話をすると、間髪入れずに先生からこんな言葉が…
「じゃあ、将来はウエイトを。ガラガラは、バーベル型ですね」
さと美先生の頭の中は、ウエイトのことで一杯である。

菜々紗選手がバーベル型のガラガラで遊んでいたかどうかはわからないが、さと美先生は育休中も子供連れで合宿に参加されていた。
本物のバーベルが奏でる音を子守唄に、菜々紗選手はすくすくと育ったのではないだろうか。
いや、それよりも前…
母の胎にいる時から、彼女はそれを聴いていたかもしれない。

そんな彼女の全国デビューは鮮烈だった。
今年の3月、全日本ジュニア選手権に小学生の身分で出場し、7位入賞を果たす。
同大会への小学生の出場そのものが、男女通じて史上初である。

今春、中学生になった彼女。
今月行われた全国中学生選手権に出場し、44キロ級ジャークで中学新記録を打ち立てた。
スナッチとトータルは、次回に持ち越し。
大人たちに、今後の楽しみを与えてくれた。

成長過程の彼女。
母娘が見つめているのは、2024年パリ五輪?


IMG_20180803_173341_convert_20180827112814.jpg
川﨑親子(インターハイにて)
長男の涼雅君も全中69キロ級で優勝
ここにはいないが、やがて次女の心々菜ちゃんも全国デビュー?

管理人はこの時、菜々紗選手が小学生で全日本ジュニアに出場していたことは全く知らなかった。
あれだけメディアに取り上げられていたのに、さと美先生は、そのことには一切触れなかった。
先生のお話は、1週間後に控えていた全中のことだけ。

過去の栄光は、何も新たなものを生み出さない。
先生はそれを知っておられる。
大切なのは「未来」。
そのために、もっと大切なのは「今」…

リフター魂57 “元祖”美女リフター


‥∵‥☆‥∵‥∵‥☆‥∵‥∵‥☆‥∵‥


2018年全国中学生選手権で最優秀選手に選ばれた2選手


☆85キロ級 西川勝之選手(3種目で中学新記録樹立)

姪が大変お世話になった西川智之先生・真美さんご夫妻の愛息。
バーベルが奏でる音を子守唄に育ったかどうかはわからないが、幼き頃から両親に連れられ全国遠征に出かけていた彼。
トップリフターが集う試合会場で、その波動を肌で吸収し、それを潜在意識に落とし込んでいたことだろう。
そしてそれは、ご両親から受け継いだポテンシャルを開花させる一助になったかも…

IMG_20180803_173219_convert_20180827113015.jpg
西川親子(インターハイにて)
まー君、大きくなったね~
親戚のオバちゃん化している管理人^^;

リフター魂11 西川智之先生


☆48キロ級 山下笑佳選手(スナッチで中学新記録樹立)

こちらも、“元祖”美女リフターの「娘」である。
浅田久美先生の遺伝子こそ受け継いでいないが、その精神は受け継いでいるはず。
SDC・山下ウエイト4兄妹弟の紅一点。
すでに、世界の舞台を踏んでいる。
これからもウエイトだけではなく、全てのことに「一笑謙明」(←久美先生の言葉^^)向き合って行く♪

SANY0650_convert_20180827115513.jpg
笑佳ちゃんの弟のよっちゃん(特別出演)
管理人がカメラを向けると、“久美ママ”は、そっと彼の身だしなみを整えた(*^^)v
(2014年全中にて)

リフター魂88 浅田久美先生とSDC
人物 | Comments(0) | Trackback(0)
2018/08/15

リフター魂98 ベスト審判

今回の記事は、管理人の独断と偏見に基づくものであることを、最初に断っておきたい。
(わざわざ断らなくても、全ての記事がそうなのだが…)

管理人の中には、大切に温めている「ベスト審判」がある。


まず「ジュリー」。
何と言っても、故岡本実氏である。

リフター魂94 逝く人を偲び、往く年を思う


次に「公式記録員」。

公式記録員は審判に含まれないかと思うが、あえて選んだ。
“ベスト”ということなので一人に絞るべきところだが、甲乙付け難く、そこはゆる~く、園家恭一先生と上田貢氏をペアで挙げたい。

両氏は、とても楽しそうに仕事をされている。
また、管理人の好きな下記のアナウンスも、ほぼ入れてくださる(^_^.)

リフター魂50 生頼永人選手
(この記事の後半部分を参照)

以前、上田氏に「今度、上田さんのこと、ブログに書いてみたいです。公式記録員のことを…」と言うと、「いえいえいえいえ…」と後ずさりされた。
そして、園家先生を前面に出して「園家先生… 計算委員長ですから…」と。

いずれにしても、このお二人… 魅力的である。


そして魅力的と言えば、「テクニカルコントローラー」。
ウエイトの試合で、こういう仕事があることを知ったのは、この人の存在があったからである。

末廣誠氏。

ウエイト観戦を始めた頃、関西に住む管理人は末廣氏のお仕事ぶりを見る機会が多かった。
テクニカルコントローラーは、他の審判に比べて動きがあるのでキャラが立ちやすい。
全国の大会などでも気になるテクニカルコントローラーがいるけれど、それでもやはり末廣氏が群を抜いている。

とにかく豪快でアツい。
はっきりしていて、わかりやすい。

エントリー数の多い試合では、1キロ刻みで頻繁に重量変更が行われる。
迅速、且つ的確に対処し、放送席と連携を取って競技の流れを止めないように尽力する役どころ。
それに加え、適宜シャフト整備の指示なども…。
その名の通り、コントローラー。
サッカーで言えば、“司令塔”である。

リフター魂60 テクニカルコントローラー

この記事も、末廣氏をイメージして書いたものである。
最近は、関西の試合でジュリーをされていることも多いが、管理人の中では最強のテクニカルコントローラー。
末廣氏と言えばテクニカルコントローラー、テクニカルコントローラーと言えば末廣氏である。


先日、5年ぶりにインターハイを観戦した。

わずか1時間の観戦だったが、その試合の布陣が上記の「ベスト審判」だった。
岡本氏の姿がないのは残念だったが、公式記録員席には園家先生と上田氏。
試技板の裏には末廣氏。
それだけでも、観戦を楽しめる条件が整っていた。


あとは、レフリーとタイムキーパーの“イチオシ”が見つかれば、管理人の「ベスト審判」が完成するのだが…
動きの少ない仕事ゆえ、よほど個性が光らなければ厳しいかな~


以上、非常に中途半端な状態ではあるが、管理人が選ぶ「ベスト審判」でした(^_-)-☆
仕事のできる男は、問答無用でクールなり♪

この記事は、管理人の私見バリバリの記事であるということを、念押ししておきたい^^;


‥∵‥☆‥∵‥∵‥☆‥∵‥∵‥☆‥∵‥


インターハイで観戦したのは、62キロ級Aのジャークである。
上記3氏が脇を固めたこの試合。
もちろん主役は選手である。
本当は、こちらをメインに書かなければいけないところだが^^;

この試合で完全優勝を果たしたのは、飯田高校の1年生だった。
SDCのメンバー、山下立真選手。
浅田浩伸・久美夫妻の愛弟子、山下ウエイト4兄弟妹の次男である。

試合後、「心臓が止まりそうでした」とおっしゃる浩伸氏の目には、うっすら光るものが…
浅田夫妻を見ていて思う。

人は、他人の子供をこんなにも愛せるものなのだろうか…と。

リフター魂88 浅田久美先生とSDC


(次回は、全国中学生選手権の記事を書く予定)
審判 | Comments(0) | Trackback(0)
2018/08/01

リフター魂97 ○○判定?

昨日あたりから、テレビなどでしばしば耳にする「奈良判定」。
奈良県在住の管理人は、この言葉に過敏に反応してしまう。
ボクシングのこの問題について、ここで書くつもりはない。

ウエイトリフティングもまた、判定競技である。

リフター魂72 判定競技

上記の他にも、度々判定については記事の中で触れてきた。
管理人はレフリーをやったことがないので、正直、レフリーの気持ちはわからない。

「今の、OKなの?」とか、逆に「ちょっと厳しくない?」などと、同伴者と無責任なジャッジをしながら試合の行方を見守っている。
時には、“赤率”の高いレフリーを探すことに焦点を当ててみたり…
その時々に、模索しながら観戦を楽しんでいるウエイトファンの一人である。

過去の判定についても、いろいろと心に温めていることがあるが、今日は時間がないので具体的には触れない。
またの機会にゆっくりと…

「奈良判定」に心乱される管理人である。
審判 | Comments(0) | Trackback(0)
2018/07/31

リフター魂96 105キロ級

今回も、まずはこの記事の答え合わせから…

リフター魂93 愛媛国体③ 成年105キロ級

正解は、田中太郎選手。
圧倒的な安心感を与えてくれる名前である。
この名の持ち主が、今年の全日本選手権で105キロ級スナッチの日本新記録を樹立し、吉本氏の最後の名前を消した。

昨年、ジャークとトータルで18年ぶりに日本記録が更新されたとき、記事にあるように管理人は一抹の寂しさを覚えた。
けれども今回はそのような感情は沸き起こらず、むしろ新階級に移行する前に、20世紀の記録が塗り替えられたことに安堵感を抱いている。
記録は消えても、記憶は残る。

昨年、管理人が感傷的になった一因は、国体の試合会場の雰囲気にあるのではないか。
国体では、成年105キロ級の試合が2日目の最終に組まれている。
昼間、観戦していた地元の人たちは帰路につき、選手やコーチ陣も翌日以降の試合に備えて宿舎へ戻っていく。
ひしめいていた試合会場には空席が目立つようになる。
数年前は、「良い試合なのにもったいないな」と思っていたが、次第にそれが心地良くなった。
この試合を純粋に観たい人だけが残っている観戦席はどこか神聖で、そこにいる人たちは、この試合に招待された観客のように思える。
プラットホーム上で繰り広げられる熱戦とは対照的に、静かに暮れ行く街の風景。
勝者が決まる頃には夜の帳が下り、辺りは深い闇に包まれる。
試合会場の中にいながら、そういった外の様子を感じ取ることができるのである。
その不思議な感覚が、管理人をセンチメンタルな世界へと誘ったのかもしれない。

105キロ級の試合は、いつまで観られるのだろうか。
階級再編のニュースに、心が揺れる今日この頃である。


‥∵‥☆‥∵‥∵‥☆‥∵‥∵‥☆‥∵‥


田中選手、持田選手、白石選手、そして吉本氏(高校時代は砲丸投げ?)も通過したインターハイ。
今年のインハイは、「2018 彩る感動 東海総体」である。
今週末には、ウエイトリフティング競技も始まる。

管理人にとっても、高校ウエイトは原点である。
こんな世界があることを教えてもらった9年前の初観戦。
何でも知っているような顔をして生きてきたが、世の中はまだまだ知らないことで満ちている。
ウエイトリフティングは、管理人を謙虚にさせてくれた。

高校生の試合を観なくなって久しいが、今夏のインターハイ、久しぶりに観戦してみるか!?
新しい何かに出逢えるかも…
全日本選手権 | Comments(0) | Trackback(0)
« Prev | HOME | Next »